不動産売却

不動産売却の流れを知ろう

マンションや土地、などの不動産を売却するには、いくつかの手順を踏む必要があります。
それぞれの流れのなかで必要な手続きや活動、注意すべきポイントを知っておくと、スムーズな売却ができます。

 

売却の理由や希望条件などを整理しよう

まずは売却の理由や目的、希望条件などを整理しよう。それによってどのように売却を進めていくかの方針も見えてくるはずだ。

売却する理由はなにか

なぜその不動産を売却するのか、その理由をはっきりしておきましょう。
例えば子どもが成長して自宅が手狭になったり、逆に子どもが独立して夫婦2人で暮らすには広すぎるので、住み替えを検討しているのか。
あるいは親の自宅を相続し、自分では利用しないので換金するためなのか。
それとも親の自宅ではない不動産を売るのか。
まとまった資金が必要なためなのか、など、目的を明確にしておいてください。
不動産会社も背景を知ることで、様々な提案ができるようになります。

 

売却の希望条件

いくらぐらいで売却したいのかなど、次の買い替え先や資金計画が大きく左右されます。
また、いつぐらいまでに売却したいのかによって、売却活動をスタートさせるタイミングも自ずと決まってきます。

 

本当に売却する必要があるのか

本当に、そのマンションや土地、戸建てなどの不動産を売却する必要があるのか、もう一度考えてください。
売却せずに所有したままでも、人に貸せば賃料収入を得られます。
自宅の場合は売却せずにリフォームするほか、一戸建てなら建て替えて住み続けるという選択肢もあります。

 

売却の手順を確認しておく

不動産を売却するときの手順には一定のパターンがあります。
そのなかでも状況によって一部制限を受けることもあります。
例えば新築マンションに買い替える場合などは、その売主が提携する不動産会社による売却が条件になることがあります。

 

売却に適したタイミングを見極める

不動産を売却するのに適したタイミングを計るには、いろいろな方法があります。
不動産相場の動きから判断する方法、年間の人の移動シーズンから判断する方法、
自分の買い替えなどの時期から判断する方法、それに税制の特例期限から判断する方法などたくさんあります。
不動産会社や税理士、ファイナンシャルプランナーなどに相談してみてください。

 

売却するときの相場を調べる

売ろうとしている不動産がいくらぐらいで売れるのか、相場を調べる必要があります。
インターネットの物件情報サイトなどが参考になりますが、そのままの価格で売れるとは限りません。
まず売却活動の手始めとして、まずは不動産会社に不動産を査定してもらう必要があります。

 

売り出し価格を決める

不動産を査定したら、実際にいくらで売りに出すかを決めます。
査定価格はいくらで売れるかの目安なので、必ずしもその価格で売りに出す必要はありません。
売りたい時期や価格との兼ね合いで決めていきましょう。

 

売却の依頼先を決める

不動産の査定は複数の会社に依頼するほうがオススメです。
しかし、売却を複数の会社に依頼するのか、1社に絞るのかはケースによって異なるので、相談しながら決めていきましょう。

 

売却活動

不動産を売りに出したときから、具体的な売却活動が始まります。
どのような流れで売却されるのか、購入希望者とどのように交渉すべきかなど、スムーズに売却するために注意すべき点を不動産会社から聞いておきましょう。

 

売買契約

購入希望者との交渉がまとまったら、売買契約を結びます。
契約の内容で注意すべき点を確認しておきましょう。
また、このときに買主から手付金を受け取り、仲介手数料の半額を支払います。

 

不動産の引渡

契約を結んだときに取り決めた時期に、不動産を買主に引き渡して売却が完了します。
買主からお金を受け取るのと、鍵を引き渡すタイミングを合わせます。
特に買主が住宅ローンを借りる場合や、売主が住宅ローンを借りている場合には事前準備が必要です。
不動産会社と連絡をしっかり取り合っておきましょう。